マッチョに相談すると100%「筋トレすれば?」と返ってくる理由を解説

こんにちはうみです。

ぼくは週3回程度ジムにいって筋トレをするのですが、友人にもマッチョが多いです。

しかもぼくみたいに健康志向ってよりももう

え?刃牙にいました?

って訊きたくなるタイプのマッチョ。てか初対面で訊いた。

「出てないよ…えへへ///」

って嬉しそうにしてました。きっしょ。

そんな刃牙タイプのマッチョに相談するとこんな事ありませんか?

マッチョ
マッチョ

どうしたの?

女の子
女の子

うん…仕事が上手くいかなくて…。上司にも怒られちゃって。

マッチョ
マッチョ

そうなんだ…。じゃあ筋トレすれば?

女の子
女の子

は?

こういうこと、よくありますよね?

ありますよね。

今回はなぜマッチョに相談すると100%「筋トレすれば?」と返ってくるのかを解説していきます。

筋トレの効果

person holding the barbell

この謎を解明するためには、まずは筋トレをすると何が起こるのか?ということを解明しなければなりません。

どうしてマッチョがそこまで推してくるのか?

一人で勝手にマッチョになっていればいいではないか。

人におすすめするということはそれなりの理由があるんだろうな?

世の女性はそう思っていることと思います。

ですが悔しいことに筋トレは心身ともにメリットが沢山あるんです。

体調が良くなる

身体はある程度までなら動かしたほうが疲れは取れます。

特に座る姿勢は身体の負担が大きいのでデスクワークの人は慢性的な運動不足になりやすいです。

筋トレは非常にいい運動になるので疲れも取れ、自律神経とホルモンのバランスも整います。

これは筋トレを始めた日から実感できると思います。

睡眠の質も良くなり、血流もしっかり流れるので身体の不調が改善されることもあるでしょう。

認知能力の向上

運動をすると、脳内にBDNFという物質が出ます。

脳由来神経栄養因子とも言いますね。覚えなくていいです。

これが脳内に出るとどうなるか?

気分が良くなって認知能力が向上します。

認知能力って?

物事を理解したり判断したり分析したりする能力のこと。ざっくり頭の良さ!!

そう、筋トレすると頭が良くなるんです。

勉強ばかりするよりも運動したほうが脳は活性化するってことですね。

自己効力感の向上

仕事でも趣味でも「頑張ったのに結果がついてこなかった…」ということはよくありますよね。

そしてそれは「頑張っても意味がない。何も変わらない。」という感覚に陥らせます。

そんなときに筋トレを始め、ある程度続けていくとどうなるか?

持ち上げられる重さや回数が増えますね。

そして嬉しいことに身体が絞れてきます。男だったら筋肉が大きくなります。

そう、努力の結果が目に見える形で返ってくるんです!

しかも自分の身体が理想に近づくこと自体が自信に繋がります。

そして「自分が頑張ったら何かを変えられる!」という自己効力感が育まれていくんです。

それは仕事でも新しい挑戦でも「やってみよう!」とチャレンジする勇気になります。

しかもそのチャレンジは「筋トレで体調が良くなり認知能力が高まった状態」です。

当然成功する確率は高まりますし、失敗しても筋トレの自己効力感は保たれます。

つまり筋トレをきっかけにして色んなことがうまい方向に転がっていく可能性が高まる。ということです。

記事の後半までこのことをよく覚えておいてください。

マッチョの特徴

man carrying dumbbell standing in front of mirror

身体の作りは一見すると女性たちと同じように見えますが、彼らはとても変わった思想、思考の持ち主です。

彼らの生態を理解することもとても重要になっていきます。

筋トレだけが俺を裏切らないと思っている

彼らはなぜこんなにもマッチョになったのか?

それは前述のような筋トレのメリットを存分に享受してきたからに他なりません。

筋トレのおかげで仕事がうまく行った!
筋トレのおかげで彼女ができた!
筋トレのおかげで…etcetc

彼らは筋トレに人生を救われてきたのです。そしてそれはあながち間違いでもないのです。

彼らの信心の理由、筋トレのメリットが科学的に証明されているのですから。

マッチョたちの心にはいつもダンベルがあり、それは彼らの人生を間違いなく良くしてきたものなのです。

誇りであり、魂なのです。

多くを語らない。口数が少ない。

マッチョは自分で自分の事を多くは語りません。

マッチョが例外なく半袖、あるいはタンクトップを着ているのもそういうことです。

「筋肉がついて代謝が上がってるから寒くない!」と彼らは言いますが、

寒くないからといってわざわざ半袖を着る理由は見当たりません。前と同じでいいはずです。

前よりも暖かく快適に過ごせるだけの話です。

そう、彼らは身体で語るのです。自分は頑張ったんだ!と口に出すのではなく。

肉体を見せることで自分の誇りと努力を掲げているのです。

彼らは、男とは背中で語る者だと思っています。

科学的には解明されていませんがおそらく、

筋肉量と口数が反比例するという論文がサイエンス誌に掲載されるのも時間の問題でしょう。

そして起こる悲劇

Sad Red Rose On Rail, Lost Love, Loving Memory, Tragedy

マッチョは筋トレによる数多のメリットをその身に受け、実感しているということ。

彼らは口数が少ないということ。

これらの要素が重なり合った時に冒頭のような会話が巻き起こることとなるのです。

つまりこういうことになります。

マッチョ
マッチョ

どうしたの?

女の子
女の子

うん…仕事が上手くいかなくて…。上司にも怒られちゃって。

マッチョ
マッチョ

そうなんだ…。
(どうしよう凹んでいる…。気分を良くするためには…運動するのが一番だ。仕事がうまくいかないのも認知能力を高めればきっと乗り越えられる。上司に怒られた?筋肉つければ自信がついて気にならなくなる。だから)
筋トレすれば?

女の子<br>
女の子

は?

なんと悲しいすれ違いでしょう。

マッチョが多くを語らないかつ筋トレ信者であることで起こる悲劇です。

他のパターンもあります。

女の子
女の子

好きな人に振られちゃったの…

マッチョ
マッチョ

そうなんだ…
(振られて凹んでいるな…。気分を良くするためには…運動するのが一番だ。恋に臆病になっている今、次の恋を探すためにも自己効力感は必須だ。つまり)
筋トレすれば?

そう、筋トレをきっかけにして色んなことが好転してきた経験を持つマッチョは、

「最善手は筋トレをすること」

という結論に落ち着くのです。

相手のために真剣に考えれば考えるほど、筋トレを強く推すことになるのです。

これがマッチョに相談すると100%「筋トレすれば?」と返ってくる理由です。

メッセージ

white printer paper beside pens

マッチョたちへ

筋トレ、確かに科学的にもメリットがたくさんあるよ。

ぼくも筋トレに助けられている。というかめちゃくちゃ筋トレ好きだ。

彼女たちが少しでも筋トレに興味を持てば彼女たちは幸せに暮らしただろう。

でもそうはならなかった。そうはならなかったんだよマッチョ。

だからこの話はーーここでお終いなんだ。

優しさから筋トレを勧めるのはわかるが、女の子達はそもそも解決策を求めていないんだよ。

まずはちゃんと目を見て話を聞いてあげておくれ。

女性たちへ

相談したのに毎回同じ答えが返ってくるのは不安になるよね。

でも安心してほしい。

彼らは話を聞いていないわけでもなく、君のことを考えていないわけでもないんだ。

全力で考えた結果毎回「筋トレじゃね?」ってなっているだけなんだ。

逆にマッチョが筋トレを勧めてくることは君のことを全力で考えている証明とも取れるんだ。

多分マッチョが「うん、うん」と言い出した時こそ適当に受け流しているよ。

彼らは大丈夫。安心してほしい。彼らは優しいし君が好きだ。

そして筋トレの効果が大きいのも本当だよ。

ぜひ無理のない範囲でやってみるのもいいかもしれないね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました