プレゼントをあげることで周りも自分も幸福になれる理由3選!

こんばんはうみです。

年末年始はクリスマスや新年の集まりで人に何かをプレゼントすることが増えますよね。

相手のことを考えて

(あれがいいかな〜これがいいかな〜)

ってプレゼントを選ぶときの時間がすごく好きです。

そしてプレゼントをあげるときの緊張と喜んでくれたときの喜びはなんとも言い難い!!

その「プレゼントをあげる」ことに科学的なメリットまで有ることがわかったので解説していきたいと思います。

プレゼントを貰える

これはまず思い浮かびますよね。

プレゼントを貰う→嬉しい!自分もなんかあげたい!→プレゼントをあげる→相手も嬉しい!→プレゼント貰える…以下無限ループ

心理学で言うところの好意の返報性ですね。

確実にプレゼントを上げることで貰う機会は増えます。

自分が普段金をかけないものを得ることは新鮮な経験や新しい発見にも繋がりますよね。

そういった新しい経験や発見「セレンディピティ」は脳科学の世界でも充実や幸福に非常に重要とされています。

セレンディピティを得る機会を増やすことでそこから新たな出会い、気付きに発展していくかもしれませんね。

ただ、プレゼントを上げる理由が「自分がプレゼントをほしいから」だけになってしまうことは、相手にも失礼です。

あくまで「相手のため」。その副産物として捉えましょう。

プレゼントを選ぶことで観察力が養われる

たまにいますよね。「いくつ目があるんだろう」って人が。

  • 細かい変化にすぐに気付く
  • 褒め上手
  • 気遣いが上手く、みんなに好かれる

そういう観察力のある人って普段から人をちゃんと観察する癖があって常に

(この人どういう人かな?何したら喜ぶかな?)

と考えています。

相手にプレゼントをあげるとなったら相手のことをしっかり見て思い出して考えるようになりますよね?

プレゼントをあげるって観察力を鍛えるにはピッタリなんです。

人に親切にすることは幸福感に直結する

どういうこと?と思われたかもしれませんが

人に親切にするってめちゃくちゃ幸福になるんです。

これはいろんな実験でも科学的に証明されていて、

一番人生幸福にする給料の使い方は募金をすることっていう実験もあるくらいなんです。

ぼくたちには誰かに喜んでもらいたい気持ちが根源的に備わってるってなんだか素敵ですよね。

プレゼントをあげることは直接的にその喜びを味わえるということです。

プレゼントを上げること自体がお互いを幸せにして、それが続いていったらその関係はすごくいい関係だと思います。

是非皆さんもガンガンプレゼントあげて周りにハッピーばらまいていきましょう笑

以上うみでした

ありがとうございました

またね

コメント

タイトルとURLをコピーしました