座るとあらゆるリスクを高める!?原因と対策

座る女性

こんにちはうみです。

健康に関する論文読むのが好きなので色々読んでいるので、いいのがあったら試したりするのですが、今回はぼくが最も生活が変わったな!と思うことのご紹介します。

ずばり座る時間がほとんどなくなった。

僕は今ご飯とお茶する時間以外はほとんど立って過ごしています。

なぜこういった生活になったのか?

論文読んでいて座るリスクを知っていて恐ろしくなったからです。

首肩が重い
足が重い
長生きしたい
なんか不快感がある

という方はこの記事が少し改善のヒントになるかもしれないです!

長時間座るリスク

メンタル的悪影響

長時間座っていることがメンタルに与える影響については意外と論文が少ないのですが、いくつか見つかりました。

「悪影響が大きいと断言はできないけれども、抑うつ症状に関して悪影響があるらしい。」

って感じでした。

被験者が座っている時に何をしたか、でメンタルの影響は大きく変わるので調整が難しいんですかねぇ。

ただ抑うつ症状と相関があるらしいというのは怖いですね。

能力的悪影響

子供を対象にしての実験なのですが、

なんと座り過ぎが認知能力、判断力、教室での積極性などに悪影響の可能性があるのだとか。

ただこちらも座り過ぎだけが影響しているのか、他に関連する要素があるのかはなんとも言えないところです。

身体的悪影響

肥満度

座っている時間が長いほど肥満の確率が高いとの研究結果が報告されています。

特に小児、青年に関してはこれでもかってほど報告があるので信頼性は高いです。

逆に成人はメタボリックシンドロームとの相関が強いみたいですね。

心血管疾患

座っている時間が心血管疾患のリスクを高めるというのは最近では間違いないとされてきましたね。

具体的には「1日に座っている時間が2時間増えると心血管疾患のリスクが5%上昇する」そうです。

これ衝撃的ですよね。

1日8時間デスクワークをしていたらそれだけで心血管疾患のリスクが20%高まるってことです。

半年前のうみ
半年前のうみ

立って作業しよ…

糖尿病

座っている時間は2型糖尿病の発生とも大きく関連があります。

1日のほとんどを座っている人が糖尿病になるリスク。

その数値なんと約2倍!!!!

2倍以上の相関があるとする研究者もいます。どちらにせよとてつもない数値。

逆に座る時間減らせばガンガンリスク減らせるってことです。それは嬉しい。

その他

他にもいくつかのがん、筋骨格障害に関して悪影響の可能性が高いそうです。

死亡率

これだけ身体に悪影響が見つかるともちろん死亡率にも影響が出てきます。

1日でずっと座っている人はそうでない人より死亡リスクが1.49倍とも。

いやぁ…ここまではっきり数値で出ているといよいよ行動に移りたくなってきますな。

原因は?

血流が止まっている

こんなにも沢山の身体への悪影響の原因てなんなの?

って思われる方も多いかと思います。ぼくも思いました。

最大の原因が座ってでいると「下半身への血流がめちゃくちゃ止まる」ってこと。

しかも下半身の血流は10分で止まり始めたらしいです。

つまり3時間座っていたら残りの2時間50分は血流がちゃんと流れていない状態!

姿勢が悪くなる

更に座っている姿勢は立っている姿勢よりも身体を丸まらせやすいです。

姿勢を悪くするとストレスに弱くなったり、ネガティブな感情が増加したりするって研究もあるので、そういった精神的影響が多方面に広がっている可能性も考えられると思います。

それでも座らなきゃな人のための対策

じゃあ座らなきゃいいじゃん!って思うけどすぐスタンドデスク導入したり出来る環境の方ばかりじゃないですよね。

安心してください。

そんな方のためにいくつか解決策を提示します!

姿勢を正す

姿勢が悪くなることの悪影響だけでも防ぎましょう。

ストレスの緩和やネガティブな感情の低減の効果が確認されています!

しかも発現量も増えるので、会議や打ち合わせにもおすすめです。

適度に動く貧乏ゆすり

断続的に振動すること。つまり日本でいう貧乏ゆすり。

これは下半身の血流が止まるのを防ぐ効果が確認されたみたいです。

しかも一定間隔を刻むリズム運動はストレスに効くらしいので効果は高そうですね。

なので皆さんも是非!!

と勧めづらい解決法…。笑

そんな方は足元で自転車みたいに漕いで運動できる器具とかあるのでそちらでも効果があると思います。

座る直前に運動する

長時間座る直前にサイクリング運動をすることによって、血流が止まるのを抑制できたのだとか。

出社前に運動する朝活の効果は思った以上に高いのかもしれません。

ちなみに僕もHIITという運動か早めの散歩を朝の運動に取り入れています。

運動は頭も良くするので1日の生産性も高まっていい感じですよ〜

まとめと注意

長時間座ることがは身体的にもメンタル的にも悪影響が大きい。

その原因は血流が悪くなることや姿勢が悪くなりやすいこと。

対策としては以下。

姿勢を正す
貧乏ゆすり
座る前の運動

血流という面で考察すると「座る」こととは別に「長時間同じ姿勢」でいる事自体も悪影響の可能性が高いです。

なのでぼくは基本は立って足がつかれたら座ったりって感じで作業しています。

やっぱり疲れますしね。

たまに3時間くらい座ると肩と足が重くて仕方ないので個人的には立って作業に移行してよかったなーと思っています!

皆様もぜひ参考にしてみてください!

うみでした

コメント

  1. […] 以前「座るとあらゆるリスクを高める!?原因と対策」という記事を書いたのですが、 […]

タイトルとURLをコピーしました